新型アルファード 2015 最新情報

新型アルファード 2015 最新情報

新型アルファード 2015 最新情報では、
フルモデルチェンジの発表日は2015年1月26日、
発売日が、2015年2月7日とのことです。

 

気になる燃費ですが、ガソリン車で12.8km/L、
ハイブリッドでは、19.4km/Lとなっているようです。

 

走行安定性が向上され乗り心地も良くなっています。今から楽しみですね。
人気も高くなりそうで、残念ながら、大幅な値引きが難しそうです。

 

そこで、最大の値引き額を引き出すコツと、
さらにそれ以上に費用が安くなる方法を紹介します♪

 

新型アルファード 2015を最大限に値引きする方法をまとめると
・複数店舗をまわる
・自分の車の下取りをする見積もり、下取りなしの見積もりを両方だしてもらう
・下取りなしでの最大値引き額をしる
・自分の車の下取りは、ネットで査定してもらい最大額で下取りをしてもらう、
もしくは自分の車の下取りの最大額を利用して、ディーラーと交渉する。

 

地道ですが、自分に残るお金が50万以上違うこともあるので、ぜひ実践しましょう♪
愛車の査定はこちらがおすすめ
↓↓↓
かんたん車査定ガイド

 

たった1分ででき、店舗のディーラーより30万近く違うこともあります。

 

実際に店舗を回ってだしてもらったディーラーの下取りよりも、
かんたん車査定ガイドの査定が高い場合は、無理して下取りさせず、かんたん車査定ガイドで見つけた方に売却する方がお得です♪

 

新車購入資金も随分楽になることでしょう。

 

 

 

 

 

新型アルファード 2015もよいですが、もよいですが、最近興味があるのが、カローラルミオンです。フロントフォグランプ
霧や雨などの悪天候時、前方の視界確保に貢献します。
[1.8S“AEROTOURER”に標準装備]LEDハイマウントストップランプ
ハイマウントストップランプには、輝度が高く点灯速度の速いLEDを採用し、被視認性を高めています。サイドターンランプ付電動格納式リモコン
カラードドアミラー(助手席直左ミラー付)
ドアミラーカバーには、輝度が高く点灯速度の速い、被視認性の高いLEDのサイドターンランプを内蔵。左側ドアミラーには、駐停車時等に車両左側の確認に役立つ補助確認装置を装備しました。拡散式ウォッシャーノズル
広範囲に噴射するウォッシャーノズル。ワイパーの払拭性を高めて、悪天候時においてもクリアな視界を確保します。EBD*1付ABS&ブレーキアシスト*2
制動時におけるタイヤのロックを防止するABS機能に加え、車両の走行状態に応じて前後・左右輪に理想的な制動力配分を行うEBD機能を装備。また、ブレーキの踏み込み速度と量から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシストも搭載しています。
*1. EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*2. アシストが必要なときにはブレーキペダルを踏み続けてください。

新型アルファード 2015

新型アルファード 2015もよいですが、最近きょうみがあるのは、カローラルミオンです。ラゲージルーム
手荷物の出し入れもラクラクでワイドなユーティリティスペース。多彩なシートアレンジでさまざまな手荷物の積載に対応します。デッキアンダートレイ*1
*1. 4WD車は2WD車よりもトレイが浅くなります。
シートアレンジ6:4分割モード
手荷物の量やサイズ、用途に合わせて、シートアレンジも自由自在です。シートバック前倒しモード
吸気・排気バルブタイミングを最適にコントロールするDual VVT-i*1、吸気バルブリフトを連続的に変化させるバルブマチックの採用など、さまざまな先進テクノロジーの投入により、燃焼効率をさらに高め、パワフルな走りと大幅な燃費向上を果たしています。「平成27年度燃費基準達成車」(2WD車)*2および、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」*3の認定を国土交通省より取得するなど、環境性能においても飛躍的な成果を上げている次世代ユニットで新型アルファード 2015もよいですが、最近きょうみがあるのは、カローラルミオンです。ラ1.5L 1NZ-FE VVT-iエンジン
ストップ&ゴーが頻繁に行なわれるタウンクルーズを重視し、低中速域トルクを十二分に確保。さまざまな状況下でレスポンスの良い軽快な走りを実現しています。また同時にVVT-iなどの先進技術を駆使し、低燃費化によるCO2の削減と排出ガスのクリーン化を積極的に推進。「平成27年度燃費基準達成車」*2そして国内最高水準の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」*3の認定を国土交通省より取得しています。Super CVT-i*1(自動無断変速機)
新型アルファード 2015もよいですが、最近きょうみがあるのは、カローラルミオンです。ラ変速ショックのないスムーズな走りを実現する先進のトランスミッション。軽量小型設計に加え、エンジンとの統合制御により、クラストップレベル*2の低燃費・静粛性と滑らかな走行フィーリングを高次元で両立しています。
*1. CVT-i:Continuously Variable Transmission-intelligent
*2. 同排気量クラスでの比較。速スポーツシーケンシャルシフトマチック*3&パドルシフト
新型アルファード 2015もよいですが、最近きょうみがあるのは、カローラルミオンです。ラ7速ならではのワイドな領域で、最適な駆動力をコントロール。マニュアル感覚のスポーティなシフトチェンジが楽しめます。また、1.8S“AEROTOURER”にはステアリングを握ったままシフト操作が可能なパドルシフトを標準装備しています。
*3.[1.8L車に標準装備]CVTスポーツモード
スポーツモードスイッチを押すことで、小気味良い加速感と変速感、再加速時のレスポンス向上により、走る楽しさを演出します。
[1.8S"AEROTOURER",1.8Sの2WD車に標準装備]アクティブトルクコントロール4WD
前輪駆動状態と4輪駆動状態をスイッチで選択できます。4WDオートモードでは発進・加速時や滑りやすい路面やコーナリング時において、車両状態に合わせた最適な駆動力を後輪へ配分。通常は前輪駆動に近い状態での走行により、燃費の向上にも貢献します。